中学を卒業したら

気になるお金のこと 学費と生活費気になるお金のこと 学費と生活費sp

学費・生活費

納付金平均は年額約124万円図
納付金平均は年額約124万円

学費には①入学金 ②授業料 ③実験・実習費 ④施設・設備費 などがあります。
都内の専門学校の入学金を含めた初年度納付金の平均総額(平成28年度)は124万円でした。分野により総額の差はありますが、医療分野は「看護」を除いて全体的に高額で、設備費や実習の材料費等がかさむ学科系統なども高くなる傾向にあります。入学時に必要な納入金はいくらか、授業料の分納は認められるのかなど、納入方法の確認や2年目以降の必要経費も調べておきましょう。

奨学金や支援金を上手に利用図
奨学金や支援金を上手に利用

公的な奨学金制度として代表的なのが日本学生支援機構の奨学金。平成29年度から貸与型に加え、一部で給付型の支給も始まります。その他、東京都をはじめいくつかの区市町村でも専門学校生を対象とした奨学金制度が設けられています。また、まとまった資金が必要な場合には、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」(融資額350万円以内)や民間金融機関の教育ローンなどを利用する方法もあります。社会人向けの短期プログラムについては受講料が助成される制度がいくつかありますので、ハローワークなどに問い合わせてみてください。

私立専門学校初年度納付金平均額(東京都)
(平成28年度/昼間部/東京都専修学校各種学校協会調査統計部調べ)単位:万円
私立専門学校初年度納付金平均額(東京都)
私立専門学校初年度納付金平均額(東京都)図

注:各科目ごとの平均値を集計しているため、横の合計は一致しない。金額表示は千円以下四捨五入。


日本学生支援機構の奨学金制度

月額(平成29年度)

日本学生支援機構の奨学金制度図

拡大してみる

第一種奨学金を2年間貸与した場合の返還例

第一種奨学金を2年間貸与した場合の返還例図

【問合せ先】

奨学金の申込について

在学する学校の奨学金担当窓口

奨学金の返還について

日本学生支援機構 奨学金返還相談センター

TEL 0570-666-301(ナビダイヤル)

海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話からは
TEL 03-6743-6100


東京都の奨学金制度(貸与)

金額は私立専門学校1年次の限度額(平成29 年度)

金額は私立専門学校1年次の限度額図

拡大してみる


学生生活の費用

自宅通学と一人暮らし、それぞれいくら?

東京で一人暮らしをしながら学生生活を送る場合、ひと月の出費は平均約13万6千円。8万円以上を実家からの仕送りに頼っています。支出の半分近くを占める住居費は地域によって差がありますが、家賃が安くても学校から遠くては逆に交通費がかさんだり、通学時間が長すぎると学業にも影響が出かねません。通学の便やアルバイトに費やす時間なども含め、収支のバランスを考えながら生活設計を立ててください。

1ヵ月の生活費(平均)

<<収入の部>>

1ヵ月の生活費(平均)<<収入の部>>

<<支出の部>>

1ヵ月の生活費(平均)<<支出の部>>


東京の家賃相場

東京の家賃相場図

拡大してみる


一人暮らしグッズリスト(参考)

一人暮らしグッズリスト図

専門学校生のアルバイトについて

週当たりの授業時間数が多く、帰宅後の制作課題も多いという学科の学生は、大学生ほどアルバイトに割く時間的余裕はないでしょう。アルバイトを奨励していない学校もありますが、逆に関連職種でのアルバイトをインターンや実地修練の場と捉え、授業と両立できる範囲で学校から仕事を紹介してもらえるケースも少なくありません。いずれにしても授業を最優先とし、アルバイトをする場合にはできれば専門分野に近い仕事が望ましいと言えます。