中学を卒業したら

世界のここにしかないワザとカルチャーを学ぶ

  • 【IT系】ヤダナ ピョーさん
  • 【照明系】鄭 アラムさん
  • 【ファッション系】徐 韓娜さん
  • 外国人留学生

奥深い照明の世界に魅かれて専門学校へコンサートやイベントを「あかり」で盛り上げたい

【照明系】鄭 アラムさん

鄭 アラム さん
JOENG ARAM


韓国出身 31歳

東放学園専門学校
照明クリエイティブ科 2年
大学では機械系を専攻。兵役後に大学を中退しテレビ局でのアルバイトを始める。照明に興味を持ち、2014年東放学園専門学校入学。卒業後はコンサートやイベントを中心に照明の演出業務を行う「PC LIGHT」への就職が決まっている。好きな色は紫やピンクなど赤みのある色。

韓国でテレビ局のアルバイトをしたとき、画面を見るだけではわからないテレビの裏側を知り、みんなで協力するモノ創りの楽しさに興味を持ちました。カメラや演出も経験しましたが、照明の奥深さに触れ、専門的に勉強したいと思うようになりました。でも、韓国で専用スタジオを持っている学校を知らなかったし、座学中心の授業が多いと聞いていたので悩んでいたところ、現場で同じ仕事をしていた人から東放学園専門学校のことを教えてもらったのが留学を決めたきっかけです。まずは日本語学校で勉強し日本語能力検定N2を取得して、2014年に専門学校へ入学。専用のスタジオもあり、最新の機材にも触れることができる恵まれた環境で、ライティングの技術を専門的に学ぶことができました。びっくりしたのは、韓国のテレビ局では女性の照明スタッフがほとんどいなかったのに、日本では照明の勉強をする女性がたくさんいたこと。女性が創り出したあかりは、優しい感じがして男性とは違うなと感じています。
卒業後、母国での就職も考えていましたが、学校で紹介してもらったアルバイト先から内定をいただくことができました。まじめに仕事をしていたのを見ていてくださったのかもしれません。この業界は時間も不規則だし体力に自信がないと大変です。目指すならがんばる覚悟は必要だと思います。留学にも就職にも、日本語が話せることはとても大事です。間違えてもいいから、日本語でコミュニケーションをとること。そしてあきらめないことが成功の秘訣だと思います。