専門学校

専門学校の基礎知識02

職業実践専門課程とは?

…専門学校の学科のうち、
文部科学大臣が認定する学科です。

専門学校は所在地の都道府県知事の認可を得て設置されています。
そのうち、「企業等との組織的連携のもとに教育が行われている」等のいくつかの要件を満たし、学校が申請を行った学科について、文部科学大臣が「職業実践専門課程」の認定を行っています。

職業実践専門課程の認定要件

  1. 修業年限が2年以上
  2. 総授業時数が1,700単位時間以上または総単位数が62単位以上
  3. 企業等と連携体制を確保して、授業科目等の教育課程を編成
  4. 企業等と連携して、演習・実習等を実施
  5. 企業等と連携して、教員に対し実務に関する研修を組織的に実施
  6. 企業等と連携して、学校関係者評価と情報公開を実施
  7. 教育活動等に関する積極的な情報提供
  • 従来から専門学校に義務づけられている「自己点検・評価」とともに、企業関係者らが委員として参加する「学校関係者による学校評価」を行い、その結果をホームぺージなどで公表するなど、学校に対しては一層の情報公開が求められています。
  • 認定された学科名が、その後変更になる場合もあります。

申請から認定までのイメージ

申請から認定までのイメージ図

職業実践専門課程のイメージ

職業実践専門課程のイメージ図

職業実践専門課程では、企業と連携のもとに「カリキュラムの編成」「演習・実習の実施」「成績評価・単位認定」「教員に対する研修」「学校関係者評価・情報公開」などを行います。


専門学校の「自己点検・評価」と「第三者評価」

専門学校では大学と同じように「自己点検・評価」が義務づけられ、「学校関係者評価」についても積極的に取り組むよう努力義務とされています。現在、専門学校の「第三者評価」を行っているのが「私立専門学校等評価研究機構」。また、第三者評価は任意で取り組んでいます。機構では「専門学校等評価基準」を策定し、各学校での「自己点検・評価」を推進すると共に、業界関係者や有識者など外部のメンバーも加えた評価者により「第三者評価」を実施しています。
第三者評価を受けた学校の報告書は私立専門学校等評価研究機構のホームページ(http://www.hyouka.or.jp)で閲覧することができます。


TOPICS

専門学校、大学等と並ぶもう1つの高等教育機関「専門職大学」創設へ

平成29年5月、新たな高等教育機関として「専門職大学」を創設するための「学校教育法の一部を改正する法律(案)」が国会で成立し、平成31年4月には新制度による「専門職大学」が開学される見通しとなりました。従来の専門学校と大学の教育、つまり技能と学問の双方を結びつけた教育が特徴で、特定の分野のスペシャリストとして活躍出来る基礎力を備えるとともに、学問を通して培った見識を活かし現場のリーダーとなれる人材を育成することが目的とされています。新たな教育機関の誕生により、日本の職業教育の一層の充実、向上が期待されます。

新たな日本の高等教育機関のイメージ

職業実践専門課程のイメージ図