中学を卒業したら

markコンピュータ・IT最先端技術で新たなサービスと時代をつくる

voice最初は好きになれなかったプログラム。でも、お客様に喜んでいただけたことで、今はやりがいを感じています。
小林 彦典 さん
システムエンジニア

小林 彦典 さん KOBAYASHI HIROFUMI

新宿情報ビジネス専門学校 2年制情報ビジネス学科 情報システム専攻 2015年卒業

静岡県/星陵高等学校出身


高校卒業後、薬剤師を目指して勉強していたが、自分が本当にやりたいことは何かと考え、専門学校を経てSETソフトウェア株式会社に入社。システムエンジニアとして、システム開発に携わっている。
  • 取得資格: 情報検定2級

高校卒業後、薬剤師を目指して勉強していましたが、本当に薬剤師になりたいのかと考えたときに、違うなと感じてしまったんです。そこで、やりたいことは何かと改めて考え、そのときいちばん興味があったインターネットの世界に進もうと、専門学校へ入りました。

インターネットには興味がありましたが、当時はプログラムがあまり好きになれませんでした。それは、プログラムを組むことに実感が持てなかったからです。パターンは覚えられても、それが実際にどう使われるのか、具体的に想像できなかったのです。しかし、社会人としてやっていかなければいけない部分もあるので、とりあえずやってみようと、今の会社に入社しました。

現在手がけているのは、大学で使うシラバスのシステムです。先生が1年間の授業計画や、必要な教科書、参考書などを登録し、学生がそれを見てどの科目を受けるか選ぶといったものです。自分の作ったものが実際にシステムの中で動いているのを見て、勉強中には感じられなかった実感や楽しさが、少しずつ感じられるようになってきました。

先日、初めてお客様にお目にかかる機会がありました。「本当にいいものを作ってくれたね」と喜んでいただけて、とても嬉しかったのですが、これは自分にとってとても大きな経験でした。まだ、これがしたいというはっきりしたものは見えていませんが、システムエンジニアとしてこれからも頑張ろうと、今は思っています。

COURSE学科 専門学校で学ぶなら…

情報処理科 コンピュータの基礎から始め、ソフトウェアのプログラミング技術を中心に学ぶ。
システムエンジニア科 ソフトウェアのプログラミング技術からシステムの設計・構築、運用・管理まで幅広くカバー。
Webシステム科 インターネットのサイト開発・運営について学び、Webプログラミングの技術を習得。
ITネットワーク科/ネットワークセキュリティ科 ネットワーク、サーバー、セキュリティなどのシステム設計、構築、運用、管理を学ぶ。
組込みシステム科 携帯電話やカーナビ、車などさまざまなものに組み込まれているシステムを学ぶ。

  JOB 仕事 たとえばこんな仕事が…

プログラマ パソコンソフト、アプリケーションなどコンピュータで制御されているものを動かすための「仕組み」を、専用の言語を使って組んでいく。
システムエンジニア 顧客の要望をコンピュータシステムで実現するための企画・設計・開発・運用を行う。
ネットワークエンジニア 企業・学校などのLANや、インターネットサーバーなどの構築・運用・管理などを担当。
カスタマーエンジニア ユーザーを訪問し、コンピュータ機器(ハードウェア)の点検・保守、修理を行う。
インストラクター コンピュータの操作法やソフトウェアの使用・活用法を指導する。

LICENSE資格 役立つ資格や検定…

基本情報技術者

国E

高度IT人材となるために必要な基本的な知識・技能をもち、情報技術を活用した戦略立案、プログラムの設計・開発などを行う。
応用情報技術者

国E

基本情報技術者の上位に位置する資格で、さらに高度な設計・開発・運用のスキルをもって、企業や組織の課題に対して情報技術を活用した戦略を実行していく。
ITパスポート試験

国E

コンピュータを利用するにあたり、必要となる基礎知識(情報機器及びシステム、ネットワーク、問題解決のための情報の収集・活用・分析など)を測る。
情報検定(J検)

E

一般財団法人職業教育・キャリア教育財団が実施。情報システム試験(基本スキル/プログラミングスキル/システムデザインスキル)、情報活用試験(1~3級)、情報デザイン試験(初・上級)の3種がある。

資格の欄の見方

  • 国 国家資格(国が法律に基づいて省庁の名前で与える資格)
  • 無印 業界団体などが独自の基準により実施する資格試験や検定試験
  • A 指定の専門学校を卒業すると同時に取得
  • B 指定の専門学校を卒業すると同時に受験資格を取得
  • C 専門学校を卒業、一定の実務経験を経て取得
  • D 指定の専門学校を卒業後、一定の実務経験を経て受験資格を取得
  • E 専門学校で資格試験のための教育を受ける

スペシャリストになろう!TOPへ戻る