中学を卒業したら

markフラワー・園芸デザイナー、ガーデナーなど植物界のスペシャリスト

voice季節ごとのイベントを彩ってくれるのが花。こだわりの空間でお客様の表現のお手伝いをしています。
冨山 翔太 さん
フラワーアドバイザー

冨山 翔太 さん TOMIYAMA SHOTA

日本フラワーデザイン専門学校 フラワーデザイン本科 2009年卒業

埼玉県立狭山ヶ丘高等学校出身


専門学校卒業後に就職した会社で経験を積み、2015年10月、在学中から気になっていた横浜元町に、フラワーショップ「sauce」をオープン。
  • 取得資格: フラワーデザイン検定2級 色彩検定2級
    フラワー装飾技能士2級

高校を卒業してすぐ服飾系の学校に進学し、その後就職しましたが、一念発起してもう一度勉強しようと入学したのが日本フラワーデザイン専門学校でした。今まで学んだファッションの世界と比較的近いこと、そして母が花好きで、気がつけばいつも周囲に花があったことも影響していたのかもしれません。専門学校を卒業して就職した会社では、イベント装花、ウエディング・物販・店舗経営のノウハウなど、あらゆる経験をさせていただき、2015年に念願のフラワーショップをオープンしました。

花の名前、種類によって異なる水揚げ方法など花に関係する基本的な知識や技術のほとんどは、専門学校で学びました。仕入れのときは、ショップにディスプレイしたときのイメージを頭に描きながら、他店との差別化を図るために個性のある花をそろえるようにしています。現在は品種改良が進み、次々出てくる新しい花の名前を覚えるのは大変ですが、それぞれの花の持つ動きを大切にしながら空間を飾る楽しさは格別です。花はあらゆるシーンで使われる贅沢品。お正月・バレンタイン・ホワイトデー・ひな祭りなど季節ごとのシーンに必ず関わってくるものです。お客様がどのようなシーンで何を表現したいのか、イメージやお好きな色・花の種類などをうかがい、お手伝いするのもアドバイザーとしての役わり。海外のように、男性の方も普通にお花を買いに来てくださるよう、今は目の前のことを着実に進めて、好きなことができる空間を大切にしていきたいと思っています。

COURSE学科 専門学校で学ぶなら…

フラワービジネス科 フラワーアレンジ、コーディネート、アロマテラピーなど「花」を扱うビジネスシーンで活躍するプロを育てる。
フラワーデザイン科
花束やアレンジメント、ウエディングやディスプレイなどフラワーデザインにおける技術や技能を習得する。
造園環境学科 自然環境に配慮し、人と自然が調和する空間をつくる都市景観デザイナーを目指す。
造園デザイン科 庭園・公園の設計、施工、計画、管理についてのデザイン技法や、植物・植栽に関する知識を総合的に学ぶ。
園芸科 野菜・果樹・草花など、植物の栽培技術や活用方法などを基礎から学んでいく。

  JOB 仕事 たとえばこんな仕事が…

フラワーコーディネーター ホテルや結婚式場、ショップなどで、花装飾全般についてのコーディネート・デザインなどを行う。
造園施工管理技士 造園技術のプロとして、役所の土木課、庭園、設計事務所、不動産会社などで活躍できる。
園芸技術者 園芸店・フラワーショップで、庭木や草木などの栽培方法、手入れの方法などのアドバイスを行う。
園芸福祉士 園芸を用いたリハビリテーションを通して、障害者や高齢者の心身の発達・回復をサポートする。

LICENSE資格 役立つ資格や検定…

造園施工管理技士

国D

公園やグリーンスペースの設計・施工を行う。専門学校の関連学科を卒業すれば2年以上の実務経験で2級、5年以上で1級の受験資格が与えられる。
園芸装飾技能士

国B

観賞用植物・観葉植物の維持管理やそれらを使ってホテルやイベント会場、店舗などの室内装飾などを行う。資格には1~3級までがある。
フラワー装飾技能士

国B

生花をメインにパーティ会場・結婚式場・葬祭場などの飾り付けやブーケの制作ほか、花の仕事に関する実務能力をみる。1級~3級までがある。

資格の欄の見方

  • 国 国家資格(国が法律に基づいて省庁の名前で与える資格)
  • 無印 業界団体などが独自の基準により実施する資格試験や検定試験
  • A 指定の専門学校を卒業すると同時に取得
  • B 指定の専門学校を卒業すると同時に受験資格を取得
  • C 専門学校を卒業、一定の実務経験を経て取得
  • D 指定の専門学校を卒業後、一定の実務経験を経て受験資格を取得
  • E 専門学校で資格試験のための教育を受ける

スペシャリストになろう!TOPへ戻る