中学を卒業したら

mark交通・運輸陸・海・空で、人・モノを運び日本の物流を支える

voice人の役に立ちたいと思って目指した鉄道業界。将来は運転士になるのが目標です。
木元 慎之介 さん
鉄道スタッフ

木元 慎之介 さん KIMOTO SHINNOSUKE

東京観光専門学校 鉄道サービス学科 2015年卒業

福島県立福島西高等学校出身


2015年東京地下鉄株式会社(東京メトロ)入社。現在は駅務係として勤務。
  • 取得資格: サービス介助士

仕事をする際のモチベーションをどこに置くかを考えたとき、人のために役立っていることが実感できる仕事に就きたいと思いました。東日本大震災で被害を受けた東北新幹線が短期間で復旧し、利用されたお客様が喜んでいる姿を映像で見たときに鉄道業界に魅力を感じたこと、祖父が国鉄の運転士で鉄道が身近にあったことも、この道を目指したきっかけです。でも、どうすれば鉄道の仕事に就けるのかわからず、考え抜いた結果専門学校への進学を決めました。東京観光専門学校では1年次に、朝のホーム整理のインターンシップが授業に組み込まれていて、早くから現場体験ができます。また、鉄道ゼミでは、与えられたテーマに沿って、鉄道をご利用いただくお客様を増やすための企画を考え、プレゼンテーションの実習などを体験しました。どれも仕事に直結する授業で印象深く、今の仕事にも大変役立っています。目指す職業に就きたい決意と覚悟があるなら、専門学校への進学はお勧めです。自分に合った学校を選ぶのも大事です。

現在は駅係員として、改札でのお客様のご案内やホーム整理、事務所でのお忘れ物の取り扱いなどに携わっています。決まった時間に列車が発着し、安全に目的地までお客様をご案内するのが当たり前だと思って仕事をしている中、「ありがとう」と声をかけていただいたり、窓からお子様に手を振っていただいたりすると、本当に嬉しくて。それが、この仕事のやりがいでもあり、就いてよかったと思う瞬間です。入社して3年目からは、運転士の試験が受けられます。運転士になるのは目標でもあるので、ぜひ挑戦したいと思っています。

COURSE学科 専門学校で学ぶなら…

国際エアライン科/キャビンアテンダント科/エアライン科 英語を筆頭に語学力は必須。業界知識やマナーなど、採用試験を念頭に置いたカリキュラムを設定している。
エアポート・カーゴ学科 カーゴと呼ばれる空港貨物を扱う貨物取扱士や、通関士の資格取得を目指す。
鉄道・交通学科 乗車実習等を取り入れたカリキュラムで、専門知識を身に付け、鉄道会社への就職を目指す。

  JOB 仕事 たとえばこんな仕事が…

客室乗務員(キャビンアテンダント) 安全で快適な空の旅ができるよう、飛行機内で乗客のサービスを行う。
空港スタッフ 発券から搭乗手続き、乗客の誘導を行う地上勤務のグランドスタッフ。
鉄道スタッフ JRや私鉄などで、列車の運転士や車掌、駅員や車両整備士として鉄道業務に携わる。
新幹線パーサー グリーン車における車掌業務、乗換案内、ワゴンサービスなどを行う。

LICENSE資格 役立つ資格や検定…

国際航空貨物取扱士

E

世界100ヵ国で通用する国際ライセンス。基礎・上級・危険物コースがあり試験は英語で出題される。
サービス介助士

E

お年寄りや体の不自由な人に対する「おもてなしの心」と「介助技術」を身に付けるための資格で、サービス介助士ジュニア・准サービス介助士・サービス介助士がある。

資格の欄の見方

  • 国 国家資格(国が法律に基づいて省庁の名前で与える資格)
  • 無印 業界団体などが独自の基準により実施する資格試験や検定試験
  • A 指定の専門学校を卒業すると同時に取得
  • B 指定の専門学校を卒業すると同時に受験資格を取得
  • C 専門学校を卒業、一定の実務経験を経て取得
  • D 指定の専門学校を卒業後、一定の実務経験を経て受験資格を取得
  • E 専門学校で資格試験のための教育を受ける

スペシャリストになろう!TOPへ戻る