中学を卒業したら

markデザイン紙、Web、立体とビジュアルで“伝える”を表現

voice大事なのは自己満足の表現ではなく いかにしてクライアントの利益につなげるかということ
青木 慧子 さん
グラフィックデザイナー

青木 慧子 さん AOKI SATOKO

東京デザイナー学院 グラフィックデザイン科グラフィックデザイン専攻 2012年卒業

宮崎大学農学部出身


宮崎大学農学部卒業後、東京デザイナー学院に入学。現在、株式会社スパイスでグラフィックデザイナーとして仕事に携わっている。

大学は農学部に進みましたが、就職活動で東京へ出てきたときに目に飛び込んで来た広告やイベントでのブースのデザインなどが気になって、デザインの専門学校への再進学をきめました。きれいなデザインやかっこいいデザインを作りたいという気持ちが強かったのですが、専門的に学ぶにつれて、大事なのはクライアントの利益につながることなのだと気づかされました。卒業制作は、自分がどういうクリエイターになりたいのかを考えるきっかけになりました。自己満足で表現するのではなく、「いかにして人に伝えるのが効果的か」という作り手として大事なことを真剣に考えるいい機会にもなりました。まっすぐな道を進んできたわけではないからこそ、客観的でより消費者に近い視線でモノを見ることができる。それが自分の大きな武器だと信じて、突飛な案を出してみたり、「安定のデザイン」からは少し外れた案も出したりするようにしています。

一番印象に残っているのは、入社2年目に携わった仕事です。既存のキャラクターを使ったシリーズ広告を作りました。コピーがより伝わりやすくなるようにキャラクターのポーズやイラストを考えて描くのですが、なかなかOKをもらえず、徹夜で作業をすることもありました。完成したリーフレットを見たときも嬉しかったのですが、Webで展開されたり、CMやトレインチャンネルで自分の描いたイラストが動いていたりするのを見て、関わった仕事の大きさとこの業界の仕事ならではの喜びを感じました。

よく考えて行動すれば、たとえ失敗したとしても前向きに反省できると思います。まだまだやれていないことがたくさんあるので、年をとったときに楽しい人生だったと言えるよう、日々、頑張っていきたいと思います。

COURSE学科 専門学校で学ぶなら…

グラフィックデザイン科・ビジュアルデザイン科 パソコンを扱いながら、広告制作などを通して写真や文字を組み合わせた平面デザインを学習。
プロダクトデザイン科 家具や雑貨など生活に密着したあらゆる製品のデザインをするため、工業意匠や材料学なども学ぶ。
インテリアデザイン科 家具や内装について全般的に学び、併せて空間を創造する感性を磨く。
ジュエリーデザイン科 宝石や金属に関する知識や加工技術を身に付けて、オリジナル作品を製作。

  JOB 仕事 たとえばこんな仕事が…

グラフィックデザイナー デザイン事務所や出版社のデザイン部門などに就職。雑誌や広告など印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的な効果を高める。時代にマッチした感性が重要。
プロダクトデザイナー メーカーの企画開発部門やプロダクト専門のデザイン事務所に就職。工業製品ばかりでなく家具やパッケージのデザインなど、ジャンルはさまざま。新製品の開発に携わることが多いので、デザインには使いやすさや斬新さが求められる。
ジュエリーデザイナー ブランドジュエリーのアトリエなどに就職し、企画・デザイン・製作などに携わる。

LICENSE資格 役立つ資格や検定…

レタリング技能検定

E

レタリングは雑誌・新聞・広告などの見出し文字や商品名のロゴなどをデザインすること。タイポグラフィー・色彩・印刷の知識が必要。資格は1~4級まであり、デザイナーとして認められるのは2級以上。
POP広告クリエイター技能審査試験

E

店舗やサービス機関などで重要な役割を果たすPOP広告を販売促進ツールとして捉え、レタリング技術のみでなく、幅広いPOP広告作成能力を審査する。
色彩士検定

E

クリエイティブな業界や職種において必要な色彩に関する知識と技能を3級~1級で認定。

資格の欄の見方

  • 国 国家資格(国が法律に基づいて省庁の名前で与える資格)
  • 無印 業界団体などが独自の基準により実施する資格試験や検定試験
  • A 指定の専門学校を卒業すると同時に取得
  • B 指定の専門学校を卒業すると同時に受験資格を取得
  • C 専門学校を卒業、一定の実務経験を経て取得
  • D 指定の専門学校を卒業後、一定の実務経験を経て受験資格を取得
  • E 専門学校で資格試験のための教育を受ける

スペシャリストになろう!TOPへ戻る