中学を卒業したら

mark音楽・演劇・声優表現力を磨き、人と時代に求められるエンターテイナーに

voice時代やアーティストの要望に応えながら 自分のテイストを押し出していくのがプロの仕事です。
前田 佑 さん
ミュージックプロデューサー

前田 佑 さん MAEDA TASUKU

東京ビジュアルアーツ サウンドクリエイト学科 コンピューターミュージック専攻 2012年卒業


大学時代に始めたDJの延長線上で作曲を始める。卒業後、音楽に打ち込める環境が欲しいと思い東京ビジュアルアーツに入学。現在有限会社タイニーボイスプロダクションに所属しアーティストの楽曲を手掛けている。

自己流で作曲を始めたものの、もっと音楽に打ち込める環境が欲しくて専門学校で勉強することにしました。入学したころは楽器もできなければ作曲の基礎も知らない状態でしたので、毎日の授業は発見の連続。曲ができたら誰かに聴いてもらって評価をもらうことで、次に進むための課題を見出すことができました。わからないことは先生方に訊けば丁寧に指導してくださいました。そんな2年間が現在の自分の大きな礎になっています。

現在は有限会社タイニーボイスプロダクションに所属し、これまでMay J.『北極星~Polestar~feat.SHOW』single“ Sparkle”や、w-inds.『TIME TO GETDOWN』album“Blue Blood”(アルバム収録)のプロデュースなどに携わってきました。自分が作った曲をアーティストが気に入ってくれたり、アーティストの依頼でメロディラインにアレンジを加えたりと、どちらにしても曲を作り続けるのが仕事です。プロだから時代や要望に合わせて曲を作ることもありますし、要望に応えながらも自分らしさを最大限に押し出していくことにも努めます。それができたと実感したときは、本当に嬉しいです。

プロデューサーに求められるのは人間力。曲の全体像やレコーディングのときのアーティストのコンディションなど全てを見極めて的確に判断する人間性も問われる職業だと思います。それを限られた時間の中で行いながら、より完成度の高いものを作り上げていくのがプロフェッショナルに求められている仕事ではないでしょうか。

COURSE学科 専門学校で学ぶなら…

ミュージシャン科/ヴォーカル科 実技レッスン中心の授業を実施。学内オーディションなどで、プロデビューを支援する学校も多い。
コンサート・イベント科 企画から本番までをシミュレーションしながら、PA、照明、監督などのスタッフワークを学ぶ。
ダンスパフォーマンス科 ジャズ・ヒップホップほか、あらゆるダンステクニックを習得し、プロのダンサーを目指す。
演劇科 声や身体を使った表現方法を習得。公演などで演技者としての実力を磨く。戯曲や舞台美術なども学ぶ。
声優科 発声・発音などのボイストレーニングやアテレコ実習に加えて、演技やダンスなどで表現力を磨く。

  JOB 仕事 たとえばこんな仕事が…

ミュージシャン 活動を続けながらオーディション等に挑戦し仕事につなげる。専門学校や音楽教室の講師を兼業する人もいる。
作曲家 アーティストに作品を提供したり、TV番組のテーマ音楽、CM、ゲームなどのBGMを作曲。アレンジャー(編曲者)としての道も。
コンサート・イベントスタッフ 各種イベントやアーティストのライブなどに、音響・照明・ステージ設営スタッフなどとして参加する。
ダンサー 音楽やリズムに合わせ身体を使った表現活動を行う。舞台やTV・テーマパークなど活動の場所は幅広い。
俳優 劇団や芸能プロダクションに所属。TV・映画・舞台などで、与えられた役柄を表現力をもって演じる。
声優 プロダクションに所属し、アニメ、洋画などの吹き替えをする。ナレーションやパーソナリティーの仕事も。

LICENSE資格 役立つ資格や検定…

MIDI検定

E

「MIDI」とは電子音楽データの世界標準規格のこと。資格には1~4級があり、音楽情報の知識と活用能力を問う。
舞台機構調整技能士

国B

ホールや劇場の音響機構調整作業を行う技術者のための資格。1~3級があり、指定校に進学すると、在学中に3級・2級の受験資格が得られる。
アナウンス検定

E

正しく美しい日本語の話し手になるために必要な知識と能力を審査。1~3級がある。

資格の欄の見方

  • 国 国家資格(国が法律に基づいて省庁の名前で与える資格)
  • 無印 業界団体などが独自の基準により実施する資格試験や検定試験
  • A 指定の専門学校を卒業すると同時に取得
  • B 指定の専門学校を卒業すると同時に受験資格を取得
  • C 専門学校を卒業、一定の実務経験を経て取得
  • D 指定の専門学校を卒業後、一定の実務経験を経て受験資格を取得
  • E 専門学校で資格試験のための教育を受ける

スペシャリストになろう!TOPへ戻る