内定を勝ち取った専門学校生にインタビュー

  • 【動物系】大沼 彩華さん
  • 【ファッション系】前場 美奈さん
  • 【福祉系】小林 真希さん
  • 【パティシエ系】丸田 美咲さん
  • 【交通・運輸系】伊達 孝順さん
  • 専門学校の「就職」はココがちがう!!

専門学校の「就職」はココがちがう!!

  • 高い就職率を支える専門学校の「就職指導」 5つのキーワード
  • 入学から卒業まで充実の「就職指導」メニューとその他の就職サポート
  • 専門学校生のホンネに迫る! 学科系統別の「就職観」を比べてみました
pont01日本中が頭を悩ませる労働力不足
少子高齢化による人口減少の時代に入り、日本国内ではいまあちこちの職場が人手不足に悩んでいます。福祉施設では介護に関わる人材が足りないために入所者を増やせなかったり、建設現場では職人不足で仕事が受注できない、あるいは飲食業では従業員が足りなくてお店の営業に支障が出たり-。こんなニュースをテレビや新聞で目にしたことがあると思います。この先、若者の全体数がさらに減っていくことは分かっているので、人手不足は一部の業界だけの話ではありません。日本の社会を支えていくために、これから一人でも多くの労働力が必要とされているのです。
pont02専門学校も五輪景気にいち早く対応
とくに2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、建築関連や観光関連、語学関連の仕事の需要が高まっています。その影響はすでに専門学校にも現れていて、関連学科の学生数が増える傾向にあります。専門学校では学科の新設や増設、定員数の変更が大学よりも短期間で可能なので、こうした社会のニーズに素早く対応することができるのです。しかも企業などと連携を強めながら実践的なカリキュラムを編成。2年課程を中心に短期集中でしっかりとした技能を身につけられるよう、効率的な職業教育を行っています。そして売り手市場の時だからこそ、より慎重で丁寧な就職指導を実践。しっかりと“働ける”若者たちを社会に送り出しているのです。

常に安定した専門学校の就職率

専門学校卒の就職率は全体で81.3%。関係分野への就職率は9割以上

専門学校や大学などの新規卒業者の就職率は平成23年度から上昇傾向を示しています。リーマンショックによる落ち込みからは完全に回復し、人口減少による人材不足が各業界で加速していることから、当面、学卒者の就職率は高い水準で推移することが予想されます。しかしグローバル化した日本経済は不安定な世界情勢の影響を受けやすく、景気の先行きは決して楽観できるものではありません。

グラフを見ると分かるように、新規学卒者の就職率は比較的短期の変動を繰り返しています。とくに大学の就職率はこの20年の推移を見ても最大で20ポイント近くの変動があり、「未曾有の就職氷河期」と言われた平成15年頃には最低の55%を記録。半数をようやく超える学生しか就職できていませんでした。対して、専門学校はそうした状況にあっても常に安定して80%前後を維持し続けています。景気の善し悪しに関わらず、社会に欠かせない職種の人材を一定数養成しているということが、専門学校の最大の強みだと言えるでしょう。

平成28年3月専門学校卒業者の就職率は81.3%とやや減少したものの、前年に続き8割台を保っています。分野や学科系統により事情は異なりますが、資格取得を前提とした学科が多い医療関係、衛生関係、教育・社会福祉関係などでは全体の9割近くが就職し、そのほとんどが専門学校で学んだことに関連した職種に就いています。半面、文化・教養は教育内容が多岐にわたり、正規職の求人が少ない業界に関わる学科もあって就職率は他分野に比べると低めですが、就職者の8割以上は学んだ専門分野の職種に就いています。

新卒者の就職率の推移(全就職者÷全卒業者)

新卒者の就職率の推移(全就職者÷全卒業者)図

拡大してみる

専門学校卒就職者のうち、学んだ専門分野に関連した職種への就職率
(平成27年度間)

学んだ専門分野に関連した職種への就職率

拡大してみる