INTERVIEW
専門のリアル

ハリウッド美容専門学校

ハリウッド美容専門学校
-美容に興味を持ったきっかけは何でしたか?
石井 高校2年生の頃、通っていたメンズサロンのスタッフの、いつも楽しそうに働いている姿を見て、いいなと思っていました。実は3年生の夏までは、プロサッカー選手を夢みて、目指していましたが、怪我をしてしまって断念しました。将来どんな職業に就こうか悩んでいたときに、そのサロンのことを思い出して、美容師になろうと決めました。
佐塚 中学1年生のときにクラスの友達とおしゃれについて話をしていたのが、美容に興味を持ったきっかけです。その年の課外授業で職業インタビューがあり、実際に美容師の方のお話をお聞きすることができました。頑張っている理由などを聞いてカッコ良いなと思い、美容師に憧れました。
-学校では毎日どんなことを勉強していますか?
佐塚 ヘアの実技はもちろんエステやネイル、着付けなど美容全般を学びます。授業以外に希望者が参加するコンテスターという課外活動があり、さまざまな美容コンテストに出場することができます。私はワインディング(ロッド巻き)で参加しているので、放課後や休日も練習しています。
石井 実技の他にも、衛生管理や香粧品化学といった学科の授業もあります。国家試験の試験科目ですから、しっかり勉強しています。学校では、年1回、全学生が参加して「ファッション&ビューティショー」という最大のイベントを行います。準備など大変でしたがとても印象に残っています。
-ファッション&ビューティショーはどんなもの?
石井 1クラスが2チームに分かれ、六本木ヒルズ最大の「ハリウッドホール」に設置したステージで、映画を再現するイベントです。ヘアやメイクによる再現はもちろん衣装も自分たちで用意して、全て学生だけで作り上げていきます。自分のチームは「ルパン三世」をやることになり、主役に選ばれました。恥ずかしかったけど、すごく楽しかったですね。
佐塚 開催は12月ですが、9月から少しずつ準備を始めます。ヘアやメイク、衣装だけでなく構成や演出など、全ての面で先生に厳しくチェックされるので大変です。アドバイスをいただいたりしながら、メンバーが一丸となって取り組みます。ショーが終わった後は、達成感でいっぱいでした。
-今後の目標を教えてください。
佐塚 学校代表のコンテスターとして全国大会に出場して、好成績を残せるように頑張ります。卒業した後は、おしゃれをしたいという方の思いに応えることができる、信頼される美容師になりたいと思っています。
石井 卒業したら働きたいサロンがあるので、まず在学中に国家試験に合格することです。長年の夢だったプロサッカー選手を諦めて美容師になると決めたからには、そのサロンで大勢の人に喜ばれる人気スタイリストを目指します。