高等教育の負担軽減(高等教育の修学支援新制度)について

専門学校も対象です

高等教育の新たな修学支援制度について

進学したくても経済的な事情で進学をあきらめることがないよう、新たな修学支援制度が始まりました。 いま「大学の無償化」で話題になっている新制度は専門学校も対象です。

給付型奨学金の拡大

日本学生支援機構(JASSO)が学生に支給

授業料等の減免

進学先の専門学校が減免を実施

世帯年収に応じた給付額の目安
世帯年収に応じた給付額の目安

進学資金シミュレーター

「進学にどのくらいお金がかかるのか」「奨学金の種類」「利用できる奨学金の金額」などを調べることができます
https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/

申請の方法

  • 在学している学校(高校など)から必要書類をもらって申込み
    ⇒日本学生支援機構(JASSO)https://www.jasso.go.jp/
    (奨学金⇒申込方法⇒予約採用⇒予約採用の申込み)
  • 行きたい学校が対象校か確認
  • 進学してから「進学届」をJASSOに提出

学校選びのポイント

「情報収集」

「情報収集」

学校案内、HPだけでなく、進路の先生にも聞いてみよう。

「比較検討」

「比較検討」

同じ分野でも学校によって特色があります。規模や施設など、自分に合った学校かしっかり検討しましょう。

「学校見学」

「学校見学」

実際に足を運び自分の目で確かめよう。オープンキャンパス、体験入学にも参加しましょう。

制度を利用する際の注意事項

当制度は、確認校の専門学校が設置する「専門課程の学科」に学生が在籍するときに利用することができます。

確認校に入学しても在籍する学科が「専門課程」ではない場合(例:「附帯教育(国家資格が取得できる一部のコース等を含む)」や「一般課程」として設置されている場合等)には、当制度を利用できません。また、学校や学科の要件を満たしていても、学生自身が個人要件(高校等の卒業後の経過年数や収入等)を満たさない場合には、制度を利用できないことがあります。

制度をご利用の際には、各学校にお問い合わせください。

修学支援の対象校

2021年4月入学の対象校は以下の学校を確認してください。(協会会員校 50音順)